熊本で犬のしつけ・訓練をしています。しつけ・訓練は横手愛犬トレーニングにお任せください

 

愛犬と散歩をする適切なタイミングは?

 

犬を散歩に連れて行く場合、時間を決めておく方が良いのでしょうか。時間を決めてしまうと犬がその時間を覚えてしまい、その時間になると連れて行ってもらおうと、吠えたりするようになる可能性があります。
そのためランダムに散歩に連れ出す方が良いでしょう。

 

散歩の時間を決めずに、また犬の要求に合わせるのでも無く、飼い主の状況に応じて散歩に行くのが良いでしょう。

 

また、胸の深い犬(シェパード、アイリッシュセッター、ドーベルマン、ボルゾイ、スタンダードプードル、レトリーバーなど)においては、食後すぐに運動させてしまうと、胃捻転になってしまう恐れがあります。(原因はさまざまあります)
軽い散歩程度であれば問題ありませんが、食前に行ける時は食前に、食後にしか行けない時には食後1〜2時間後の散歩とするなど、愛犬の健康を考えて楽しく散歩をするようにしましょう。

 

 

熊本で散歩代行を依頼するなら【横手愛犬トレーニング】へ〜楽しい散歩はコースの工夫から〜

 

熊本で散歩代行を依頼するなら、【横手愛犬トレーニング】にお任せください。

 

犬にとって散歩は飼い主さんとのコミュニケーションの場でもあります。ですからできれば飼い主さんが一緒に散歩するのが理想です。しかし義務的に散歩に行くと、犬にもそれが伝わってしまいます。

 

基本は飼い主さんも愛犬と一緒に散歩を楽しむということが大事です。いつも決まったコースを歩くのではなく、昨日とは違った道を選んでみたり、景色が良いところでは一休みしてみたりと、楽しめるような散歩の仕方も工夫してみましょう。

 

その途中で散歩しながら犬の名前を呼んだり、時には話しかけてみるのも良いかもしれません。しかし、こうした散歩がきちんとできないワンちゃんもいます。その時にはしつけとして散歩の訓練が必要になります。

 

 

熊本で散歩代行を行う【横手愛犬トレーニング】では、経験豊富なトレーナーによるしつけ・訓練も行っています。

 

犬の散歩にリーダーウォークというものがあります。これは人が主導権をとって歩くということからきていますが、最近では犬が飼い主から付かず離れずの距離で歩くこととされています。このリーダーウォークには、犬が不測の事故に巻き込まれないようにする効果があります。またリーダーウォークは犬の健康を守ることにもなります。

 

無理に犬を引っ張ったり、逆に犬に無理に引っ張られたりすると、どうしても犬には悪影響が出てきます。しっかりとした訓練でこうしたしつけをしておきましょう。

 

熊本の【横手愛犬トレーニング】では、散歩代行の他に出張訓練・しつけ教室も行っていますので、お気軽にご相談ください。